PHILOSOPHY 

ワインを通してよろこびを感じていただくこと


シンプルなことですが、それがアポジェの願いです。

フルーティな香り、なめらかでシルキーな口当たり、シャンパンのきらめく泡。

すべての感情が悦びで満たされる。そんな体験をしていただきたいのです。


1本のボトルから、味わいの中に新しい発見をして、まるでそのワインの産地へ旅に出たかのように

また、その出会いを家族や友人、恋人とシェアして、おいしい料理やつまみを食べながら、楽しいひとときを過ごす。

そんなふうに、食卓にワインという彩りを添えてみてください。

About APOGEE  

アポジェは自然派ワインを中心に取扱う、フランスワインのインポータ―です。

フランス人バイヤーのトーマスがフランス各地のワイナリーを訪れ
テロワールを肌で感じ、さまざまなワインをテイスティングをし、生産者と話し合い
厳選したワインを、現地の味わいのままに、蔵から直送で日本に輸入します。

私たちの健康と、地球の未来を考えて

エコロジーと環境保護は、地球と未来の世代にとって、とても重要なことです。

自然派ワインにはさまざまな考え方があり、さまざまな認証がありますが、たとえそのワインがビオなどの認証がされていなくても、私たちの健康を考え、環境に配慮したワイン造りをしている生産者を私たちは選択します。

ワインの味わいに決して妥協せず、生産者の情熱と高品質なワインをお届けすることが私たちの使命です。






シャトー・ドゥ・ラ・グレフィエールにて
ゲラール氏とアポジェ代表トーマス

アポジェの由来


アポジェとは、フランス語でワインの『飲み頃』という意味です。



ワインの飲み頃は、それぞれのワインにとって違います。

今すぐ飲んでおいしい、フレッシュさが魅力の早飲みタイプのワイン。
5年、10年、20年と熟成させることで、驚くべき変化を遂げるワイン。
反対に飲み頃のピークを過ぎてしまうと、その魅力が十分に発揮できなくなってしまうこともあります。

そのワインが一番おいしい状態で飲める時期をアポジェと言います。





プロフィール

Vergnes Thomas ヴェルニュ トマ(トーマス)
2011年ボルドーインターナショナルワイン学校を卒業。ボルドーで最も名高いセラーの1つ、L’Intendant(ランタンダン)に勤務。その後、北ローヌのワイナリーで販売責任者として働き、2018年来日、2020年APOGEEをスタート